要注意!がん保険告知書ってなんのために必要

公開日時 作成者 d-ml.comコメントする

生命保険に加入をするときには健康状態などを告知しなければいけません。もし、ウソがあった場合には「告知義務違反」となり、もしものときに保険金や給付金が支払われないことがあります。
がん保険をはじめ、生命保険や医療保険に加入するときは、保険会社の質問に沿って自分の健康状態を告知する必要があります。これを告知書といいます。
自分の健康状態というプライベートな情報を知らせることを不安に思う人もいるかもしれません。
今回は、告知するときの質問事項や、よくある疑問をまとめてみました。
なぜ、告知書が必要なの?
生命保険は多くの加入者が保険料を出しあって相互に保障しあう制度です。そのため、初めから健康状況の良くない人や、危険度の高い職業に従事されている人などが無条件で契約できる状況にあると、保険料負担の公平性が保たれません。そこで、加入者同士が公平に保障されるように、保険に加入する際は健康について加入者が申告しなくてはならないのです。
告知内容は、保険会社や商品により異なりますが、インターネットで公開している会社もあり、事前に確認することもできます。また、すでに療養中だからといって、加入できないわけでもありません。保険に加入できることもあれば、条件があるケースもあります。
では、確実に保険に加入しようとして、告知する時点で、嘘をついた場合どうなるのでしょう。これは、告知義務違反として、給付金が支給されないだけでなく、契約または特約を解除される場合もあります。
どこまで告知しなければいけないのか知りたい
一般的にがん保険の告知書の項目は、過去5年以内と最近3カ月以内の健康状態の確認などです。直接がんとは関係のない質問も含まれますが、告知書の健康に関する質問は、医療行為に当たるものに限られています。
例えば、以下のような項目は告知する必要がありません。
• ビタミン剤、サプリメントの服用
• 市販薬の服用
• 接骨院などのマッサージ
• 虫歯
• 健康診断、人間ドック など
その他に、歯に関しては、歯周病の治療やインプラントの治療などは告知しなくてはなりません。健康診断や人間ドッグは、現状の確認ですので、医師の診察、検査、治療、投薬にあたらず、告知する必要がありません。しかし、それらの検査などで「正常範囲外」となった場合は告知する必要があります。正常範囲外とは、要再検査、要精密検査、要治療(食事療法、運動療法を含む)の他、要経過観察を指します。
うつ、不眠症、パニック障害などの精神疾患を抱えている場合は、加入できるのか不安な人が多いと思います。最近は、引き受け緩和型といって、加入しやすい保険もありますが、審査基準は商品により異なります。
いずれにせよ、保険会社に告知する治療にあたるかどうかは、保険会社か医師に「治療にあたる」か聞いてみたほうがよいでしょう。
告知は正確に
• 保険に加入するときは、被保険者が健康・職業について申告し、給付金の受け取りが公平に行われるようにする必要がある
• 保険会社に告知する治療にあたるかどうかわからない場合、保険会社か医師に「治療にあたる」か確認する
• 告知する時点で、嘘をついた場合、告知義務違反になるため、ありのままを正しく告知することが大切
告知義務違反で給付金が支払われなくなったら、元も子もありません。告知は正確に行い、不安な点は、保険会社や保険代理店に相談しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です