終身保険のデメリット

公開日時 作成者 d-ml.comコメントする

終身保険は高い貯蓄性がある反面、保険料が高く、早期に解約すると元本割れしてしまいます。
少しでも保険料を安くおさえようと一時払いを選択すると保険会社が破綻した時に損をします。
また長期にわたってインフレリスクに晒されていることにも注意しましょう。
勘違いに惑わされず、デメリットもしっかりと理解して慎重に賢く加入しましょう。

終身保険と聞くと「いつか必ず保険金を受け取れる」という理由から、「加入しておいて損はない!」と思われがちですが、実はデメリットも存在します。
ではどのようなデメリットがあるのか、気になる方も多いのではないでしょうか?
今回は、「貯蓄性が高いこと」や「一括支払いでお得」など、終身保険のよくありがちな「勘違い」から、終身保険のデメリットについて詳しくお伝えいたします。
終身保険の加入を検討されている方は、終身保険の性質やデメリットをしっかりと理解した上で、最適な保険選びをしましょう。
1.終身保険とは
終身保険とは、死亡または高度障害状態になった場合に保険金が支払われる保険です。
医療保険と違い、脚を骨折した程度では支払われません。
また、定期保険と違い、満期はなく、一生涯にわたって保障されます。
2.「貯蓄性」における勘違いとデメリット
2-1.「高い貯蓄性」の正体
終身保険はよく「貯蓄性が高い」と言われます。
たしかに、定期保険などに比べると貯蓄性の高い商品と言えますが、終身保険には満期保険金はありません。
なぜなら、終身保険はそもそも一生涯を保障するための保険であり、満期が存在しないからです。
満期保険金がない状態で「高い貯蓄性」の魅力を感じるには、解約するしかありません。
解約すると解約返戻金(かいやくへんれいきん)と呼ばれるお金を受け取ることができます。
この解約返戻金こそが「高い貯蓄性」の正体です。
ところが、この解約返戻金はかなり長い期間、元本割れしてしまうという性質があります。
2-2.低解約返戻金型終身保険はとくに注意が必要!
特に低解約返戻金型終身保険に加入されている場合には、払込期間や低解約期間が終わるまでに解約してしまうと確実に元本割れします。
学資保険の代わりや老後資金の準備などに低解約返戻金型終身保険を利用している方は注意しましょう。
もし、どうしても払込期間中にお金が必要になってしまった場合、慌てて解約したりせずに、まずは、契約者貸付制度などを利用できるかどうか保険会社に問い合わせるといいでしょう。
3.「一括での支払い」における勘違いとデメリット
保険料の支払い方法には「月払い」「年払い」の他、「一部(全部)前納払い」や「一時払い」があります。
全期前納払いとは、全保険期間分の保険料を一度にドンと保険会社に「預ける」ことです。
保険会社は預かったお金から毎月(毎年)保険料として充てていくことになります。
相談を受けた「35歳?男性?死亡保険金1,000万円」のケースでは、月払い(60歳払込)ではなく全期前納払いを選択し、結果として約60万円を節約されました。
(この金額はあくまでも一例です。実際の金額は保険会社にお問い合わせください。)
一方で、一時払いとは、全保険期間分の保険料を一度にドンと保険会社に「支払う」ことです。
一時払いを済ませると「これでもう、ひと安心」だと勘違いしてしまう方がおられますが、保険会社の破綻や倒産にも注意が必要です。詳しくご説明いたします。
3-1.保険会社が経営破綻してしまったら
もし、まとまったお金を一時払いで済ませたあと、その保険会社が経営破綻してしまった場合、契約自体は残っていますが、金銭的に損をすることになります。
具体的には「原則、責任準備金の90%までは補償」されます。
責任準備金とは、保険会社が、保険金?給付金等の支払いに備え、保険加入者からいただいた保険料の一部を積み立てているお金のことです。
つまり、保険会社が備えているお金の90%が補償されているだけで、保険金に対する90%や解約返戻金相当額の90%ではありませんので大幅に損をする可能性があります。
3-2.保険会社の経営破綻リスクを軽減するには
保険会社における経営破綻のリスクを軽減させるには、より健全な保険会社を選ぶことも重要ですが、複数の保険会社で契約することもリスクを軽減させる方法としては有効です。
保険に関わらず、資産を守ること全般に言えることですが、1か所にお金を集中させるのではなく、分散しておくよう心がけましょう。
4.「死亡保険金」における勘違いとデメリット
死亡保険金額の設定は保険の加入時に取り決めます。
そして終身保険に加入すると、「万一の時には必要な金額が受け取れる」と勘違いしてしまいます。
4-1.インフレリスクの落とし穴
インフレリスクというのはモノの値段が上がることが原因でお金の価値が下がってしまうことを意味します。
通常、物価は右肩上がりになると言われています。
死亡保険金額を適切に設定していたとしても、あくまでそれは保険加入時の現在価値にすぎません。
将来、物価が上がることで、予想以上の支出が必要になることも考えられます。
特に、若いうちに終身保険に加入したのであれば、その後、何十年にもわたってその保険はインフレリスクに晒されることになるので注意が必要です。
加入期間の長くなる終身保険においては、デメリットとして考えておくべきでしょう。
4-2.インフレリスクを回避するには
インフレリスクに弱い上記のような保険のことを一般的に「(積立)利率固定型」と呼ぶのに対し、インフレリスクに強い保険を「(積立)利率変動型」と呼びます。
利率変動型の保険は、市場金利などによって保険金や解約返戻金の額が変動します。
ただし、インフレにならなかった場合、最低保証での金額しか受け取れなくなるというデメリットがあります。
額面重視の利率固定型にしてプランをたてやすくするか、インフレリスクに備えて利率変動型を選ぶかは個人の判断によります。
どちらの場合もメリットとデメリットを持ち合わせていることを理解しておくのが重要になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です