社会人になったら生命保険に入るべき

公開日時 作成者 d-ml.comコメントする

今日は後輩たちから相談があったことをまとめます。生命保険のことをこれから色々と勉強して学んでいくような方々からの相談事です。
社会人になったので生命保険に入るべきか
多くの場合、私は『生命保険に加入するべき』と回答します。まずは反対に入らなくても良い方の場合から、手短にお伝えします。以下の項目に該当される方は、生命保険に入らなくても大丈夫です。
 潤沢な資産があり、万が一病気などで働けなくなったとしても困らない方
 不労所得がある方
(賃貸マンションなど不動産を所有しており、自分が働かなくとも困らない)
 どんなに困ったとしても、親など誰かが助けて解決してくれる方
要するに、とってもお金持ちの資産家だったり、万が一の際は、親など家族の人生を犠牲にしても良いという方々です。
後者の方々は、おいておきます…
前者の資産家ですが、日本国民の個人の資産額からすると、ほんの数パーセントしか存在しないはずです。
つまり、『生命保険に入らなくても良い方』というのは非常に少ないのです(なので生命保険会社や保険の代理店がたくさん存在しているのでしょう)。

では次に『生命保険に加入するべき』という理由をお伝えします。
一応、前提としまして諸々の事情がそれぞれあると思うので、早めに生命保険に加入した方が(保障があるので)良いとは思いますが『未加入者は全員すぐに生命保険に加入しなさい』ということではありません。ただ、早めに生命保険の勉強も兼ねて情報収集することは強くオススメします。

『生命保険に加入するべき』理由ですが…
一般的な国の社会保険だけでは、万が一の際に必要な保障が足りないからです。つまり生命保険に未加入の間に万が一が起きてしまった場合、貯蓄を切り崩さなければ対応できなくなります。切り崩せる貯蓄が潤沢にある方は、それでもいいのですが…多くの場合、幸せな人生を過ごす為に大切に貯めてきたお金なので、その貯蓄を使ってしまうことで、将来にしわ寄せがきます。
その為、最低限の生命保険は加入することをオススメしています。特に働き出してまもない、十分な貯蓄がないような方々こそ、早めに生命保険に加入すべきだと考えています。
次回以降では『どのような生命保険がオススメなのか』『自分にあった生命保険の選び方』などまとめていけたらと思います。このブログは、私がこれまでに学んできたことを中心にまとめております。この生命保険についてのブログが誰かの勉強のお役に立てたら幸いです。

ワンポイント
最後にご参考程度ですが、生命保険を検討する上で、最低限知っておいた方が良い日本国政府が提供している社会保険の内容をとっても簡単にまとめます。日本で生活している場合、万が一の保障のベースはここになります。
毎月々きちんと社会保険料を納めていると、提供してもらえる内容になります。
※厳密には公務員・民間サラリーマン・個人事業者(国民年金加入者)で異なります
※今回は現時点で、一般的な民間サラリーマンの場合です
※もっとも保障が手厚かった公務員が、民間サラリーマンと同様の保障にある為、
民間サラリーマンの内容で考えておくことをオススメします

【ケガや病気になってしまった場合】
◆医療制度
 健康保険制度のおかげで自己負担は1~3割
※子供は市町村により中学生や高校生まで無料
 高額療養制度のおかげで月単位で高額な医療費が発生しても、申請することで一定額還付されます
※平均的なサラリーマンで自己負担10万円/月くらいです

【体に障害が残ってしまった場合】
◆障害年金
 障害の程度に応じて支給されます
 障害が一番重い場合、約14万円/月くらいです
◆介護保険 40歳以降の制度
 要介護状態になると、1割の負担で介護サービスを受けられます(利用金額の上限あり)
※60歳までは老衰を理由にして要介護になった場合のみ適用

【死亡してしまった場合】
◆遺族年金
 遺族の家族構成によって変動します
 10万円/月と想定して準備することをオススメします

◆老齢年金
 よくニュースになる老後の年金です
 働いていたときの平均年収によって変動します(高収入の方が年金も多い)
 大黒柱の世帯主の年金が18万円/月、国民年金の配偶者と合算で24万円/月と想定しておくことをおすすめします
※現行制度でのことですし、かなり雑な概算なので参考程度でお願いします

この4月から社会人になった方から「生命保険に入った方がいいの?」「どんな保険がいいの?」という相談が最近増えています。会社にも慣れてきたこの時期、保険を考える新社会人は多いようです。

生保ハジメくん(22歳)は、この春大学を卒業し、大手電機メーカーのSEとして働き始めました。そろそろ入社して2ヵ月になるので、環境や仕事に慣れてきたところです。

就職してすぐくらいから、昼休みに保険の営業員さんがよく訪ねてくるようになりました。「社会人になったんだから保険の1つも入らないと!」とか「同期の〇〇君も入ったわよ!」と保険を勧めてきます。確かに最近、同期の友人たちが生命保険に加入し始めています。まわりが入り始めると、なんか取り残されていく気分で、自分も入った方がいいのかなと焦ってしまいます。

また、ちょっと前に友達がバイクで事故って入院しました。まだ若いから病気にかかる心配はあまりしていないけれど、1年中スポーツをよくするので事故については少し心配しています。ただし、ハッキリ言って保険料はあまり払えません。

この機会に生命保険に入った方がいいのでしょうか?また、加入するとしたら、どんな保険がいいのでしょうか?
死亡保障より医療保障
ビルのセキュリティが厳しくなったとはいえ、以前から会社とお付き合いのある営業員さんは、自由に出入りができているようですね。ハジメくんが営業員さんから勧められている生命保険の内容を確認してみると、死亡したら、3000万円もの保険金が出るというもの!新社会人のハジメくんに、こんなに大きな死亡保障は必要なのでしょうか!?

たいてい営業員さんが勧めてくる保険は、死亡保障がメインの保険が多いようです。中には勧められるままに大きな死亡保障が付いている死亡保険を契約する新社会人も少なくありません。

そもそも死亡保険とは、自分に万が一のことがあった場合に、経済的に困る人がいる場合に入るものですから、困る人がいなければ、死亡保障はそれほど必要ありません。現時点で両親を養っていないのであれば、新社会人が残すべき死亡保障は葬式代(全国平均200~350万円)程度で十分なのです。

むしろ新社会人に必要なのは医療保障です。自分が生きていくために必要な保障を確保しておくことが重要です。例えば、一人暮らしをしていてケガや病気で入院した場合、医療費に加え、家賃など生活する上でのコストも負担しなければなりません。また、入院している間、仕事ができないことで収入が途絶えてしまうことがあるかもしれません。

新社会人の保険の優先順位は、ケガや病気のリスクに備えた医療保障が最優先になります。特に、ハジメくんのように、スポーツなどをよくする人はしっかりと加入しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です